415系(常磐線赤電:旧交直流色)


 常磐線の交直流近郊形は1960(昭和35)年、TM2B形主変圧器を搭載した交流側50Hz専用の401系(クハは低運形)が登場、1962年製以降の401系のクハは高運転台に移行し、1966(昭和41)年には翌1967年に控えた水戸線電化対応として主電動機をMT54に変更し出力アップを図った403系が登場しました。更に1971(昭和46)年にはTM14形主変圧器を搭載し50/60Hz共用形タイプとした415系が登場しました (後にPCB対策で415系初期グループに属するモハ414-1〜3のみ主変圧器をTM20形に取替)。
 415系は1974年製以降は主変圧器はTM20形に変更され、同時に115系300番台に準じた車体に冷房車というスタイルになり、1978(昭和53)年にはシートピッチ拡張型の415系100番台が、1982(昭和57)年には常磐線上野口の混雑緩和策としてオールロングシートに変更した415系500番台が登場しています。57-11改正対応で増備された415系500番台12両をもって415系赤電の増備は終了しました。

 塗装は当時交直流車の標準となりつつあった赤13号(いわゆるローズピンク)にクリーム4号の警戒帯といういでたちで、これが急行形電車とともに常磐線のイメージを作ったと言っても過言ではないと思います。
 1985(昭和60)年筑波での科学万博開催に伴なう常磐線のイメージアップのため1983(昭和58)年8月より新塗装化が始まり、60-3改正までに全車が白地に青帯の新塗装に変更され常磐線赤電は見納めとなりました。


 模型では数あるタイプの中から401系低運・403系非冷房・415系500番台の3本を改造で作りました。1980(昭和55)〜1983(昭和58)年の頃の常磐線上野口の再現が出来る車種構成となっています。

 種車は全てKATO415系100番台(白電)で、401・403系についてはGMの113(115)系初期形キットを使用しています。改造は1998(平成10)年〜2007(平成19)年です。



 第1部:401系

 クハ401が低運転台の初期形と高運転台の後期形がありますが、今回は初期形である旧K9編成をプロトタイプに選びました。
 実車は後天的改造でサボ受け(番号札・急行札)を追加しており、模型もこのタイプを選定しています。
 また、低運形クハの改造があるため他形式ではあり得ない(?)工程もあります。

 屋根はモハ400のみ車体と接着して一体化となっており、他の3両は既製品に合わせ分離出来る構造となっています。



 モハ400-9

 401系のM'車です。車体は私の近郊形R窓車標準の改造方法です(下記に詳細を述べてあります)。
 屋根はGMキット付属のものとモハ456の屋根を切継いでいます。
 低屋根部はモハ456(モハ402)とは機器類の配置が異なっており、直流避雷器と交流避雷器の位置が概ね逆になります。
 交流避雷器は根っこの丸い部分ごと根こそぎ取って元の直流避雷器周辺に移設し、直流避雷器を元の交流避雷器部分に設置します。
 また、直流避雷器からは配線を表現し、画像では見えにくいですがパンタ脇に碍子を2個追加します。このようにモハ402との差別化を行うため、低屋根部は徹底的にいじってみました。

 種車に使用した製品のモハ414の床下は113(115)系の流用なのでそのまま流用と言う訳にはいかず、MG等、殆どの機器を撤去してまっ平に仕上げた後、モハ456からもぎ取った主変圧器・主整流器などの床下機器を並べます。

 かなり面倒くさいです。





 モハ401-9

 床下は種車の流用で、ブレーキユニットを撤去し撤去跡にそれらしい機器を追加しました。





 クハ401-17・18

 先頭部分はKATOクハ153低運を切継ぎました。
 ここで問題となるのがヘッド/テールライトの処理方法で、クハ153用の遮光板を415系用床板(ヘッドライトケース付き)がはまるように削ります。
 硬質材料なので加工がしにくく、ムリに力を入れて削ろうとすると割れてしまいそうです。
 ヘッド/テールライトレンズはクハ153用でそのまま使えます。
 実車の台車はブレーキシュー両抱き式のTR64(ブレーキシリンダー付き)ですが、外観にほとんど差がないのでDT21を流用します。

 先頭部の検電アンテナは形が独特で市販品が使えません。
 そこで車体製作時にアンテナ台座も一緒に接着し、KATOのクハ481雷鳥用のアンテナを接着しました。
 当初はアンテナも自作品を装備していましたが、485雷鳥セットの発売を機にアンテナのみ交換しています。

 屋根の常磐線用列車無線用ケーブルはクハ411用を加工しました。常磐線無線アンテナ2個は銀河製を接着します。

401系の製作はとにかく面倒です…(笑)



 第2部:403系


 続いて403系です。
 旧・K38をプロトタイプに選んでおり、これも非冷房車です。401系と似たような改造となりますが、高運転台であるため工数は少なくなります。
 屋根は4両とも工数削減と見た目を良くする目的で車体と接着して一体化しています。




 モハ402-13

 モハ400と外観は似ています。モハ400のような激しい低屋根部の追加加工はありませんが、近年タヴァサから低屋根用ファンデリア(アルミ鋳造品)が発売されたので組み込んでみました。3連+3連の組み合わせです。
 屋根はモハ456の流用で切継ぎはしていません。床下の改造および床下機器の配置はモハ400と同じです。





 モハ403-13

 モハ401と屋根以外の改造方法は同じです。





 クハ401-75・76

 クハ411が種車ですが、ヘッドライトはデカ目なので私の改造用保有部品の中からクハ455のライトを削って移植しました。
 ヘッドライト一式は415系のままなので、クハ455(デカ目)のヘッドライトレンズを加工して取り付けています。
 ベンチレータはクハ401-47〜のタイプなのでグロベンは5個とし、先頭の1個は箱型(TOMIX製)となっています。

 床下はブレーキユニットを撤去し空気圧縮機を取り付けました。



 第3部:415系500番台

 さて、今度はいきなりロングシート車です。
 車体の切継ぎはなく車体構造の変更は特にしていません。既に弊サイトでUPしている415系白電と工程は同じで屋根と座席の改造がメインとなります。





 モハ414-502

 動力車となっています。
 改造はベンチレータのみで、TOMIXの分売品を使用します。
 床下はモハ456の流用です。国鉄時代の設定のため行先幕は準備工事仕様となっています。





 モハ415-502

 屋根と座席の加工のみです。





 クハ411-602

 車体と屋根の加工は↑と同じです。
 メインは床下で、モハ114よりMGと周辺機器をそぎ取って接着し、サハシ153から捻出した空気圧縮機を取り付けます。





 クハ411-502

 床下に空気圧縮機を追加します。



 以上、上記12両に共通する改造として、Hゴムをグレーに変更というのがあります。
 種車の窓ガラスのHゴム部分を目の細かいサンドペーパーで削って元の銀スタンプを剥がし、GMカラーのNo.14(灰色9号)を塗ります。
 同じくGMカラーNo.9(ねずみ色1号)も使用出来ますが、ちょっと暗めの感じになります。
 また、客用ドアの脇にある小窓用窓ガラスは113・115系またはキハ47から捻出していますが、現在ならKATOの101系から流用する方が簡単ではないかと思います。



 特別展示:第4部.TOMIXの旧製品415系

 古くからのモデラーの方なら知っているかまたは見た事のある(または持っている)モデルではないかと思います。
 当時、近郊形電車といったらTOMIXの製品しかありませんでした。
 1984(昭和59)年夏にKATO・TOMIX両社から113系・115系・415系(いずれもシートピッチ拡張車)がほぼ同時に一斉発売され(計画的?)、近郊形電車の世界が一気に広がったわけですがこの発売まで長い間店頭に並んでいたのがこのモデルです。
 一見415系0番台のように見えますが、モハ414の屋根以外は113系1000番台(ATCタイプ)の流用で実際には架空のモデルです。
 非動力車の屋根は床下から延びる長〜いネジで止めるようになっており(つまり台車と屋根が計2本のネジで共締め)、車体と座席は一体成形となっています。

 後に(1980年頃)室内灯が点灯できるようになり、1982年生産分からは窓ガラスが設計変更され現在のスタイルに似たようなものとなりましたが、翌年には上記の理由により生産終了となりました。




 模型は絶版品であり、私も4両を所有していますが現在のレベルに合わせる改造をやるか原形のままで残すかで頭を痛めており(笑)、現在は保留車となっています。
 今となってはかなり貴重な車両ではないでしょうか。



 モハ414

 この車両は動力車となっており、モーターはマブチ製です。走らせるととんでもなく大爆音を出して走る車両で動力装置の関係で室内灯が組み込めません。
 行先幕は車体に穴があいているだけでガラス部分の表現がありません。全般的に車体のディテールは当時のTOMIXらしく彫りがやたらと深いです。
 屋根は線路方向にスライドさせると外れ、車体と動力はネジで固定される方式で時代を感じさせます。
 昭和55年頃より台車が設計変更され壊れにくい構造となりました。
 モハ414は動力車のみの発売でモハ112とは異なり非動力車はありません。





 モハ415

 この車両は↓のクハ411と共に室内灯対応となっています。
 床下は多分113系の流用ではないかと思います。




 クハ411

 検電アンテナ差込用の穴はありますが先頭部分はクハ111-1000(ATCタイプ)そのものでタイフォンの位置が下にあります。
 前面ガラスは相当奥に引っ込んだ状態となっており、車体の肉厚が丸見え(しかも現行品よりもやたらと厚い)です。
 スカートはステンレス製で絶対壊れないと思います。KATO製品とは異なり先頭台車もカプラー付が標準で先頭車同士の連結が可能です。


 この製品は415系の他にも113系湘南・スカ色・関西青帯・同赤帯がありました。115系はありません。
 湘南色・スカ色についてはサロ112(台車はTR64タイプ)も存在しています。


 ここから改造について解説します。

 今回はR窓タイプがメインですが、今まで115系0番台の項でも改造車の紹介はしていますが具体的な改造方法については述べていなかったのでここで画像入りで紹介を試みようと思います。
 このR窓車への改造は113・115・401・403系共通の工法です。種車はKATO製ですが、他にGM113・115系キットが必要です。
 GMのキットを素組みすれば簡単ですがKATO・TOMIX製品と混結させるとディテールの違いがハッキリ出るので、私は既製品と連結しても違和感のないよう製作はエラい大変な作業となりますが下記のような改造を行っています。
 切継ぎ改造中の画像は全て403系K38製作時に平行して撮影したもので、接合している湘南色の車体は113系・115系の車体更新で用途廃止となったものを再利用しています。



 最初にドアの移設を行います。
 R窓車や初期のユニットサッシ車(115系では0・300番台)とシートピッチ拡張車(115系では1000・2000番台)ではドアの位置が異なります。
 そこで、センターのドアを基準にして両端のドアを中心寄りに0.5mmずつ移動するように切継ぎます。R窓車では運転士側の乗務員扉も移動します。
 乗務員扉は種車の流用ですが、改造を少しでも楽に出来るように移設する客用扉は他の車体から切り出して接着しています。



 次にGMキットから窓部分を切り出して上下・左右の位置に注意しながら画像のように切継いでいきます。
 接着は瞬間接着剤を使用し、少し多めに接合位置に流します。乾燥後余分な接着剤はパテの代用に出来ますのではみ出た部分のみ削り取ります。
 画像ではヘッドライトのデカ目化も実施しています。




 車体の加工が終わったら屋根の接着に入りますが、天井部分は画像のようにくりぬいてGMキットの屋根を接着します。
 下の画像が接着が完了した画像です。ゴム系接着剤を少し塗っておおまかの位置決めをしてから瞬着を流して固定しベンチレータ類を取り付けます。
 上はモハ402のもので、モハ456から持ってきた低屋根部の妻板を接着しています。



 切継ぎが完了しパテ修正が終わった画像です。
 どのように切継いでいるかおわかりでしょうか。想像を絶するほど複雑な改造です。

 両端の客用扉脇にある戸袋窓(小)も一部は戸袋窓(大)を切継いで短縮しています。
 ここまで切継ぐと強度はどうなの?という問題が出そうですが、画像の通り雨樋から裾まで一直線に切継いでいる箇所はありません。
 たとえ1mmでも横方向にずらしています。この方法により一直線に切継ぐ場合と比較するとかなりの強度が確保されます。

 加工は面倒になりますが…



 4両分の改造が終わりました。4両とも屋根の切継ぎはしていません。
 車体の改造が終わったら金属部分(ここではサボ受け・グロベンなど)にエッチングプライマーを塗り、乾燥後塗装に入ります。





 塗装は最初に下地処理も兼ねて全体をグレーに塗装して切継ぎ部分の仕上げ具合を確認します。
 ここで仕上げが足りない所はパテ修正しておきます。
 画像は赤13号を吹いて一部に細部塗装および修正を施した所です。この後はクハの警戒帯(クリーム4号)→屋根のグレーの順で塗装して車体の改造はほぼ終了します。








 ここから細かいディテール等について解説します。

 まずはクハ401低運の先頭部です。
 検電アンテナの台座は2mmくらい(大きさは任意)の角棒を直接車体に固定し、取付用の穴をあけて塗装後にアンテナを差し込みます。
 常磐線無線アンテナ用のケーブルはクハ411のもの使用し、屋根に取付用穴をあけケーブルを加工して取付けます。

 ベンチレータはグロベン6個ですが、クハ401-47〜は先頭部の1個だけ角形に変更されています。
 グロベンは銀河の新型車用を使用しました。旧型車用も使えそうな感じがしますが、形状が異なります。
























 クハ401低運車のヘッドライト遮光板の様子です。

 ここまで削らないと床板が組み込めません。カッターナイフでだましだまし切り込んで削りました。

 上部のみ若干削らないで残してありますが、これは少しでも光漏れを防ぐ為です。

















 次に、モハ400とモハ402の低屋根部分です。

 画像の通り、避雷器の配置が異なっています。
 モハ402はモハ456のままでいいのですが、モハ400は機器配置を変えたついでに配管も追加しました。

 実車のモハ400の低屋根は完全にまっ平ではなく屋根のRに合わせて若干丸みを帯びていますが、今回の改造ではモハ456用を流用したため完全に平べったくなりました。
 低屋根のRまで完璧にしたい方はモハ484用を使うといいでしょう。

 なお、モハ402の屋根はモハ456用をそっくり流用し、ベンチレータおよび冷房装置を撤去して平滑に仕上げてからグロベンを配置しています。













 今度はM'車の妻板です。

 左はモハ400、右はモハ402で、モハ402はモハ456の流用で済みますが、モハ400の方は独特の這わせ方で流用できるパーツがありません。

 そこで真鍮線を使用して画像のように試作的な意味も含めてパイピングしてみました。
 配管まで加工するのは私としては珍しい(?)です。













 最後にM'車の床下です。

 元のモハ112(114)のモールドをほとんど撤去し、平滑に仕上げてから各種機器を実車の画像を参考にそれらしく並べました。
 モールドを撤去すると床板のあちこちが穴ぼこだらけになります。
 そこで、交流機器を配置する部分を床板ごと切取ってしまい、改めてプラ板を利用して接合しました。
 主変圧器・主整流器は形式によって形状が異なりますのでモハ400・402はモハ456から、モハ414-500はモハ484から機器を流用するといいと思います。





〜最後に〜

 常磐線赤電の製作は見た目以上に大変です。製品を流用出来ない部分が多数あり、今回は一部自作によっています。
 実車は一部は既に廃車となってしまい、調査できない部分があり大半は雑誌を参考にしました。
 今回の車両群は前述の通り57-11改正前後がプロトタイプで非冷房車の比率が高いです。401系・403系が主体になりますので細部塗装は401系と403系で差をつけてみるのも楽しいでしょう。


<参考文献>

鉄道ファン1982年4月号(415系500番台新車ガイド・形式図・床下配置図)



<鉄道模型車両基地>のページに戻る