常磐(快速)線103系


1963(昭和38)年に山手線に登場した103系ですが、常磐快速線への投入は1968(昭和43)年から開始され唯一のエメラルドグリーン塗装が特徴です。
国鉄時代は先頭車は全て低運形で占められており、59-2改正で常磐緩行線より1000番台が、また民営化後の63-3改正における15両化に伴い京浜東北線・山手線からATCクハがそれぞれ転入し、以後はこの状態が長く続きました。
2002(平成14)年からは後継車であるE231系が登場し103系を次々に置き換えていき、2006(平成18)年3月のダイヤ改正で引退しました。

模型では全車国鉄仕様としています。種車はKATOの103系冷房車で、非ユニットサッシ車では車体のみ初期形のものに組み替えています。
見た目は初期形と同じですが、車体構造は極力冷房車仕様に揃えています(一部を除く)。
冷房車は1990(平成2)年、非冷房車は2005(平成17)年〜2006(平成18)年の改造です。

※側面からの車両画像は本ページ再構成のため全て撮影し直しました。



第1部:冷房改造車グループ




クハ103-618

上野寄りの1号車で先頭のカプラーはダミーです。
窓ガラスの関係でKATOクハ103非ATC車を種車とし車体をクハ103低運のものに張替えた後、側面に行先サボを追加します。
屋根は常磐線用無線2個を取り付けますが、床下は種車のものをそのまま流用しヘッド/テールライト点灯式にします。
この車両は前面の加工がメインとなります。




サハ103-228

クハ103-618と同じ工法で仕上げます。
中間車の屋根はそのままで組むと両端がどうしても浮き気味になるので若干寸法を詰めると良いかと思います。
サハなので側面のルーバーは全て削り取ります。




モハ102-295

改造はサハ103-228と同じですが、側面のルーバーはそのまま残します。




クモハ103-135

冷改車グループの中で一番手のかかる車両で、車体構造はクハと同一ですが床下は点灯式にするためモハ103のものにクハ103の先頭部分を切り継ぎます。
また座席とヘッドライト部分一式はクハ103ATC用をそのまま流用します。
床下の切り継ぎは強度的に心配な部分がありますが、座席一式をネジでしっかり組み立てるので問題ないかと思います。もし心配ならば床下機器部分の見えないところで補強をするといいかもしれません。

側面のルーバーはタヴァサのPN-444を使用しています。




冷改車への改造は実車が10両全部冷改車というケースがほとんどなかったので一部の車両を改造するだけで済みますが、そうも言ってられないのがこの次に紹介する非冷房車グループです。10両全てを非冷房車にする必要があります(笑)。



第2部:非冷房車グループ




クハ103-627

改造はクハ103-618と同様ですが、冷房装置を撤去し平滑に仕上げた後に別の103系から持ってきた屋根を切り継ぎます。
グロベンの取付穴はそのまま生かし、穴位置を正確に揃えます。





モハ102-475

ここで初めて出てくる第1次改良車タイプです。
初期形の場合とは異なり車体の切り継ぎはありません。屋根の加工と行先サボを埋めるだけで済みます。





モハ103-319

これも車体の切り継ぎはありませんが、このモハ103-319と↑のモハ102-475、および↓のサハ103-12の3両だけは試作的な意味もあり屋根と車体を接着してみました。屋根と車体の間に隙間がまったく出来ないので見た目的にはいいのですが、車体の天井部分の大部分をくりぬいて接着するなど若干工程が複雑になります。ゴム系接着剤で概ねの位置出しをした後に瞬間接着剤で隙間なく完全に固定します。





サハ103-12

以前、このページでサハ103-339(車両更新車仕様)として紹介した車両で、非冷房車編成に転用されたため画像のように改造しました。
種車の面影が全くありません…





モハ102-480

非冷房屋根への改造と行先サボを埋めるだけです。
車体はサボの撤去以外はいじらないので既製品と車体構造は同一です。





モハ103-324

動力車となっています。
車体の改造はモハ102-480と同じで、動力装置はそのまま使用します。





クハ103-25

7号車専用クハです。
先頭に出さないのでヘッドライトユニット一式は非装着とし、先頭部分のヘッド/テールライト用の穴あけも行っていません。
先頭台車はカプラー付きのものに交換しています。また非運転室側と同様TN蜜連を装着していますが、連結面の間隔を確保するためカプラー部のスペーサは取り付けていません。コレは先頭部が連結できるクハ103・クモハ103共通の仕様となっています。





クハ103-188

常磐快速線唯一の第1次改良車仕様のクハです。
クハ103非ATC車を種車とし前面のみ低運クハのものに交換しますが、ヘッドライト部分をATCクハと同一のシールドビームとするため銀河から発売されているエッチングパーツを使用しました。
8号車専用で中間に組み込むクハですが先頭部分に特徴のある車両でもあるので、ヘッド/テールライトは穴あけ加工してレンズを組み込んでいます。しかしライトユニットは非装着でいちおう準備工事車としてあります。床下はクハ103-25と同様、クハ103ATC車のものを使用しています。





モハ102-308

非冷房屋根に加工する以外はずっと↑のモハ102-295と同様です。
床下は非冷房モハ102 3両共通で種車のものをそのまま流用しています。本当は実車通りに非冷房仕様に改造すればいいのですが…メンドクサイ…ただその一言です(汗)





クモハ103-144

加工はクモハ103-135と同様です。
国鉄時代の10連の再現なので先頭のカプラーは切り取ってしまい、クハ103ATC用のダミーカプラーを装着してもいいと思います。





先頭車ですが、3種のヘッドライトが存在していますが詳細は以下の画像のようになります。

ヘッドライトに使用するレンズですが、画像左の改造シールドビームは下記で紹介していますが211系のもの、画像中央ののデカ目はクハ165のものを、画像右のクハ103-188は種車であるクハ103非ATCのものをそれぞれ小加工で使用しています。



<車両改造>

KATOの103系は初期形非冷房タイプ(1966年発売)とATCタイプ冷房車(1984年発売)を混結させるとどうしても違和感が出てしまいます。
そこで、ATCタイプに外観・仕様を揃えるため、初期形の車両に改造を施してみました。
改造工期は約10日かかりました。施工は1990(平成 2)年です。


<用意するもの>
ここでは例として、クモハ103冷房車(クモハ103-135)の改造製作について述べます。
中間車にも応用できます。

・モハ103(冷房車) 1両
・クハ103(非ATC車)  1両
・クハ103 または クモハ103(初期形)車体 1個
・常磐線用列車無線アンテナ 4組(銀河 N-007)
・信号炎管(銀河 N-002)


これ以外に準備するパーツは作る人の好みによって変動すると思います(例:ヘッドライト等)。

これだけです。この6点で部品がとりあえず揃います。
高くつくのがイヤだ!という方はAssyパーツで補充するのも手です。また、車体は改造終了後再塗装してしまうので何色でもいいのです。


まず、車体の構造を基本的にATCタイプに合わせます。
初期形の車体は単に枠状になっていますので、天井部となる部分にATCタイプの天井部(室内灯取付部)をそぎとって移植しますが、位置に注意して接着しないと屋根板を取付けた場合車体との間に隙間が出来てしまいます。

次に、ATC車の窓ガラスを組込むために、窓のモールドを縦ピラー以外すべて削り取ります。
窓ガラスをスムースに組込むためにはそれなりの調整が必要です。

次に車体内側にある床板取付用のツメをすべて撤去します。
以上、この改造を行なうと以下の写真のようになります(写真はサッシのモールドを全て削り取っていません)。




















       ↑ どうせ再塗装するので種車は何色でもOKです。

忘れがちですが、クモハとなる車両は側面グリルを取付けます。私はタヴァサのPN-444を使用しています。
また、妻面には主回路用の配管を取付けますが、私は現物合わせで真鍮線を適当に曲げて使用しています。

次に、ヘッド/テールライトも点灯するように改造します。
ヘッドライト・行先幕・運行幕・テールライトを、Hゴムやライトのフチを傷つけないように丁寧にピンバイスで穴をあけ、細い鉄やすりで仕上げます。特にライト部の穴あけは最初に中心を正確にケガキを行なった後、数回に分けて少しずつ行なうと良いでしょう。

80年代のTVCMにもありましたが、『人形は顔が命・・・』とはこれまたウマい事を言ったもので、この工程をうまくクリアーできるかどうかで作品の良し悪しが概ね決定してしまいます。

この工程が終わった状態が左下の写真です。あと、冷房車にするには側面の行先幕新設の加工を忘れないように!!


次にヘッドライトです。
私は実車同様シールドビームにしました。
GMで発売されている103系用先頭パーツの中からヘッドライト部分をそぎとって使用しました。

最後に、屋根を少々改造します。
常磐線特有の無線アンテナを取付けます。また屋根と一体モールドとなっている直流避雷器は撤去し、KATOから発売されているAssyパーツのものに交換します。
また、車両更新車タイプにするには、是非とも塗り屋根にしてあげましょう。この場合妻部のキャンバス押さえも削り取ります。

ここまでやると屋根はこんな感じになります↓

ここまで終了したら金属部分にプライマーで下地処理後、車体・屋根を塗装します。
また、余力のある方はHゴムなど各部に色入れをすると一層引き立ちます。
乾燥したら、次は楽しい各パーツの取り付けです。

ヘッドライトは点灯式にするため、ライトのレンズはKATOのクハ210のものを使用していますが、そのまま組込むとレンズが思いきり突出するので現物合わせで切断しています。

運行幕・行先幕(前および側面)は種車のクハ103のものを切断して瞬間接着剤で固定しています。
レンズパーツ固定の際、瞬間接着剤は本当に必要最低限で十分です。
あまり流しすぎると白化現象で周囲が白くなり修正が効かなくなりますので注意が必要です。

その他、ヘッドライト遮光パーツはライトレンズを加工したため、そのままでは組めなくなりますので上部を全て切除します。これは下の写真を見ていただくとおわかり頂けると思います。

次に、床板の改造です(上の写真をご覧下さい)。
ヘッドライト点灯式にするため、クハ103の床板(先頭部)とモハ103の床板をクハ103の座席が取付けられるように現物合わせで切り継ぎます。あまり見えない部分なので、塗装は不要かもしれません(私はタッチアップのみで済ませています)。
座席はクハ103のものをそのまま流用します。

ここまで終了し、組み立てて点灯させると↓のような感じになります。

これで、改造は終了。
ライト類をフル装備して点灯させるとこうなります。






←脱線している・・・





↑ 実物を見ていると意外と気づかないのですが、光漏れ対策は十分に行いましょう。


最後に・・・

私の103系電車(103系に限らず殆どの所有車両が該当しますが)は室内灯装備に備えて室内および座席を塗装しております。
参考までに掲載しておきます。



写真左から
未更新タイプ、特別保全工事車タイプ、車両更新車タイプ


今回はかなり贅沢な改造になりましたが、あまり手をかけたくないという方は車体と屋根を接着して一体化するなど、少し簡略化すると良いでしょう。非冷房車のままにする場合は窓ガラスを交換するだけでもいいと思います。
なお、この工法はTMS等の記事は一切参考にせず、管理人自身が1986(昭和61)年に独自に考案したものです。

<鉄道模型車両基地>のページに戻る